MOBA系のスマホゲーム『決戦!平安京』のプレイ日記です。

興味ない方はサヨウナラ。
プレイ日記サボってたら100戦に到達してしまった件。

なので、想い出深い戦いを振り返ってみようと思う。
前回のように画像が結果しかないんだがな……


ではまずこちら。


photo_editor_1525425603309


まさかの射×3というクソザコ構成w

MOBAをやってる人ならこのヤバさがお分かりだろう。そう………












集団戦になったら誰が耐えるん?


って話。
クソみたいな編成にしやがってカス共が……知らんからな!!
お前らこれで負けたら晒してやるからな!!!!!

ランクも下がるし、デス数増えてKDAも下がる。マジでクソゲーだな。




十数分後………











キャリーあざっす(`・ω・´)ゞ


ワイ、『バカかお前ら』と思ってた相手にキャリーされる。

柔らかい射でありながら壁になってくれた妖狐さんとかイケメン過ぎて、危うく新しい萌に目覚めてしまうところでした。

編成なんて概念にとらわれるなんて哀れなことよ……自由な発想、自由な戦い方がある。それを学んだ1戦でした。




清々しい気持ちになったところで次の話。
初めて百鬼戦をやったときの話です。

百鬼戦は3vs3vs3で戦う乱闘戦のことで、ランダムに選ばれたキャラを使って30キル取るか3チームの中で1番キル数の多いチームが勝ちというルールです。
タワー破壊ゲーとは違い、完全なキルゲーってことを認識して次の画像をご覧ください。


photo_editor_1525535652907




お気づきだろうか?


この中で1チームだけピック運に見放されている。

どこのことでしょうね………(´ω`)







…………………






…………………







…………………無理やろ。


キルゲーでサポート×2、タンク1。
今度は誰が攻撃してキル取るんだ状態。

終わったな……そう、諦めかけたとき先の教訓が脳裏によぎる。クソみたいな編成でも、立ち回り次第で可能性は無限大! むしろ好機と思うべきだろう。このメンバーで百鬼戦を勝ったと歴史に名を残すチャンスがあるんだ!!

仲間と勝利を誓い合い、戦場へと赴く。
その背中から諦めなんて感じることは一切なく、ただただ勝利を目指す………チャレンジャーとしての堂々たる姿が見られた、とかないとか。





やってやろうじゃねぇか!!!!!!




数分後。


photo_editor_1525536215768



やっぱピックって大事だよね。
勝利を誓い合うなんてことはなく、ただただ苦笑いしてたからな。
クソピックでもどうにかなるとかいう考えは改めることにしました。








最後に………

これまでの戦績です。


Screenshot_20180507-042502



うむ、微妙。
もっと練習して強くならんとな。



では、また次回。